Bennovation=Behavior(行動)+Innovation(変革)

ビノベーションプログラム

後ろ向きな言葉が無くなる!
自律型人財による好口コミ組織をつくるツールがここにあります。
~個人の行動特性がわかる! 人財の組み合わせがわかる!~
行動変容を促進し、人と組織のチカラを最大限に引き出すHRテクノロジーです。
以下の3つの指標により、個人のリフレクション(内省)を促し、キャリア向上を支援します。
①ビノグラム/基本要素
②モチベーション
③ストレス特性

ビノベーションが可能にすること

【自己理解】※メンバー自身の特性理解
スタッフ自身の深い内省ツールとなり、キャリアリフレクションを推進する。スタッフ自身が働きがいを獲得することにより組織定着率が向上します。
【相互理解】※メンバーと上司間の特性理解
①上司がメンバーに効果的な仕事の指示や指導方法を見つけることが出来ます。
②メンバーが上司の言動や行動を理解することで、仕事の意図を理解しやすくなります。
【共通理解】※一人のメンバーに対しての複数の上司の共通理解
メンバーの特性の共通認識により、複数の上司(ex.院長と部長)間による評価の前提が一致することで、メンバーの評価に対する納得感が向上します。
【相違理解】※上司同士の特性の違いの理解
管理職同士が相互の特性の違いを知ることで、一方の部下に対する言動や指導方法について指示や指導の意図を理解でき、結果として組織の人材育成力が向上する。

自律型人財が育つ3つの理由

①大切な人財の「強み」、「弱み」を把握することができ、成長に繋げることが出来ます。
②本人も気づかなかった「やる気の出るポイント」を見つけることが出来ます。
③「感じやすいストレス」を知ることでストレスへの対処方法を身に着けることが出来ます。

ビノベーションが示すデータ

【ビノグラム/特徴的な基本要素】
【モチベーション特性】
【ストレス特性】
自分の気づかない「強み」や「弱み」を客観的な数値で把握することができます。
感じやすいストレスが解ります。組織におけるストレス対処法がわかります。
モチベスイッチがわかります。やる気の出る声かけで組織内の信頼が向上します。
【コンピテンシーレポート】
【GOODERサイクル】
【アジャイルコンピテンシー】
社会人として必要な16の資質がわかります。育成計画、役割り分担に役立ちます。
独自で開発したサイクルで個人の力を数値化します。
状況変化への対応力を数値化します。

導入医療機関様の声

某クリニック 院長様
課題感:離職率が高く人材採用に多額の経費を投入せざる負えない
ビノベーションを全職員に受けてもらいました。職員1人ひとりがどのような時にモチベーションが上がるのかを視覚的に理解することができ、私の日々の声掛けが変わりました。すると、それまで20%程であった離職率が一桁台へ!この変化には驚きました。現在、離職率は低く抑えられていることは勿論のこと、モチベーションが高まり、組織に一体感が生まれ、業績向上に繋がっています。

某総合病院 理事長様
課題感:トップの言うことが、現場になかなか伝わらない
ビノベーションを使った、現場メンバーへのカウンセリングを実施いただきました。ビノベーションにより、自分の言っていることが現場になかなかな伝わらない理由がわかりました。メンバー1人ひとりのモチベーションパターンの違いだったのです。現在は管理者にもメンバー1人ひとりのパターンの違いといったものを理解いただき、病院をあげてコミュニケーション改革を実施中です。

お問い合わせ

PAGE TOP