資格講座

日本医療コミュニケーション協会が認定する「医療コミュニケーションアドバイザー」の養成講座です。「ベーシック」「アドバンス」「マスター」という3つのコースが設けられています。

組織開発

「組織目標に対する組織課題の仕分け」「医療者としての軸の言語化」「フラット対話の仕組み構築」という3段階のプロセスを通じて心理的安全性を現場に育み、医療ミスの無い、質の高い医療提供体制を構築します。

研修・講演

医療・介護などの各施設および製薬メーカー様・医療機器メーカー様向けに、組織・人事の様々なコミュニケーション課題の解決に結びつく研修・講演を提供しております。

医療現場に良質なコミュニケーションを

「コミュニケーション不全でインシデントが多い」「人間関係の問題から離職者・休職者が多い」「医師やスタッフへのクレームが後を絶たない」…などの課題を感じている
医療機関様も多いのではないでしょうか。これらの課題の多くはコミュニケーション不全が原因です。働く方々のモチベーションが高く、良質なチーム医療を提供できれば、
患者様の満足度もさらに向上するはずです。医療コミュニケーションを習得し、信頼の医療により患者様が集まる医療機関になっていきましょう。

お知らせ

お役立ちコラム

  1. 「気づきのメモ」の効用
  2. ネガティブ・ケイパビリティ
  3. 「優位表象システム」と「サブモダリティ」
  4. コーチングやカウンセリングは、「相談に回答すること」ではない
  5. ストレスに対応するコーピングの進め方
  6. 「認知のゆがみ」が過度なストレスを呼び込む
  7. ナラティブ・アプローチ
  8. 患者さん同士のコミュニケーション
  9. エグゼクティブへの傾聴
  10. 「愛のケア」の真実
  11. 私はあなたのことが信用できません。だから、話をしたくないんです
  12. 「白衣の天使」という窮屈さと危うさ
PAGE TOP